靴選びの注意点|【足元を守る&オシャレ】人気の子供シューズの基本情報

間違った認識で子供シューズを選んじゃだめ!

子供シューズ.COM

靴選びの注意点

足

子供の足は人それぞれなので注意!

ふくよかな方もいればスリムな方と言うように、人によって体格は変わってきます。特に子供場合は体格の差が大きく出てきます。同じ年齢でもサイズや足の幅が極端に違うケースもあります。そのため、子供シューズを購入する際は十分に注意してください。

発育が早いので注意!

子供の発育は想像するより早く、気づけば履けなくなっていることもしばしば。もし足のサイズに合わない子供シューズのままにしていると足の発達の止めてしまう可能性もあります。特に注意して欲しい時期が「幼少児」です。一番成長が早い時期なので、買ったばかりの子供シューズもすぐに履けなくなることがあります。幼少児は、子供シューズの履き替える目安は約3ヶ月~4ヶ月となります。この時期を忘れないようにしましょう。

成長に応じてシューズを選ぶ!

子供シューズを購入する場合、成長段階に合わせた靴を選びましょう。例えば、トコトコ歩き回れるようになった子に「どうせ大きくなるからワンサイズ大きめのサイズを買っておこう」と思ってワンサイズ上の靴を履かせても歩きにくく、転倒したり、靴が脱げたりする恐れがあるので今のサイズにジャストフィットする子供シューズを選ぶことです。

靴のソールにご用心!

上記にはサイズについて紹介しましたが、子供シューズのソールにも注意ポイントがあります。ソールにはフラット、凸凹したものなど様々です。そのため、しっかり考えて購入しないと雨の日や滑りやすい場所で何度も転倒する恐れがあります。また、ソールには歩行の疲労を軽減する役割であるソールのクッションにもこだわりましょう。ソールのクッションが固いと、足の裏も痛くなるし、疲れも溜まります。なので、シューズ選びはサイズとソールにも十分注意して下さい。