ちゃんと選ぼう!快適に歩ける子供シューズ

子供シューズ.COM

子供シューズの注意点について!

足

靴選びの注意点

子供はあちこち歩き回るし、走り回るので大人の靴に比べて子供シューズはすぐにボロボロになってしまいがちです。しかし、靴選びの際は注意点を守って購入しないと、子供の成長を妨げてしまう可能性があります。ここではそういった注意点についてまとめているので参考にしてください。

READ MORE

子供シューズの種類や保管法

シューズ

湿気は天敵!

子供シューズの天敵は湿気です。子供は汗をかきやすいため、シューズ内に湿気が溜まりやすくなります。湿気をそのままにしていると臭くなったり、内部が汚れたりします。対処方法としては、履いた後に乾燥剤を入れて除湿することです。そうすることでシューズを長持ちさせることが可能になります。

汚れはすぐに落とそう!

汚れたシューズは、ばい菌の住処になります。汚れているシューズを履き続けていると足のトラブルが起きてしまいます。そのため汚れたらその日でキレイにしてあげることがトラブル予防にもなります。そのまま保管するのではなく、一度掃除することを忘れないでください。また、キレイにすることでシューズの寿命も伸びるのでオススメですよ。

子供シューズ種類!

【雨の日が楽しみ!】レインシューズ

昔のレインシューズと言ったら単色ばかりでデザインも同じようなものばかりでした。ですが今のレインシューズはオシャレで軽量化された機能性バツグンのものが多く販売されています。花柄はもちろん、迷彩柄やスニーカーの様なデザイン。色々なカラーやデザインが出ているので、わざわざ雨の日に遊びたいという子供も少なくないようですよ。

【夏にピッタリ!】サンダル

履きやすくて、蒸れにくいため人気のあるサンダル。種類の中で群を抜いて人気なのがビーチサンダルです。一般的な靴だと砂が入ると足がむず痒くなったり、小石が取れずに踏みつけたりしてケガする可能性があります。しかし、ビーチサンダルでは小石が入ってもすぐに取れるし、砂場でも快適に過ごせます。デザインも豊富で、可愛いものからかっこいいものまで様々です。

【オシャレは足元から!】カジュアルシューズ

カジュアルシューズとは普段使う靴のことです。有名なメーカーのシューズが子供サイズになったり、大人の雰囲気漂うデザインなんてものもあります。子供服も様々なブランドが出てきて、子供にオシャレを楽しませる親にはカジュアルシューズはファッションアイテムとして重宝されています。しかしオシャレだけではなく、大人の靴顔負けの機能性も十分に備えています。

子供シューズの失敗談

値段だけ見て購入!

以前、子供シューズを探しに自宅近くの靴屋さんに行きました。そこで見つけたとてもお財布に優しい靴を発見。その場で子供に履かせてもピッタリサイズなので即購入しました。ところが、2日過ぎたら、子供が足が痛いというのでその時にお蔵入りになりました。原因はソールが硬かったので足が痛かったのでしょう。なので柔らかくクッション性のあるインソールを購入したら、履いてくれました。今ではお気に入りです。購入する時は安くでもクッション性にも注意して買ってください。

ちゃんと履かせていたら・・・

以前履いていた子供シューズがボロボロになってきたので、新しく新調しようかと思って靴屋に行きました。子供の履いているサイズにぴったりサイズがあり、機能性もクッション性も申し分なし。購入して、家で履かせたら小さいと言うばかり。調べたら、足の幅が大きくて入りづらいことがわかりました。買った時は一人で買い物に行っていたので、購入時は必ず子供と一緒に行き、試着して確認した方が良いですよ。私みたいな失敗しないために!

大きめサイズはやめておこう!

母に「大きめのサイズの子供シューズは買わないように!」と言われていました。でも、裕福な家庭じゃないので節約のために2サイズ大きめにしました。子供の成長は早いのですぐに履けなくなるからと親の注意を守らずに購入したんです。すると、子供と歩いているとシューズが脱げたり、転んだりといつもより歩きにくそうでした。困ったのでちょうどサイズの靴に変えたところ、今までと同じように走りまわるようになりました。親にそのことを伝えると、私が小さい時に大きめの靴を履かせていて、そのせいで転倒してケガをさせてしまったことがあったみたいです。今の足のサイズに合ったベストな子供シューズを選ぶようにした方がよいですよ。